宇宙技術開発株式会社

ドーンのセレス軌道投入

最終更新 2015.03.09

NASAの小惑星探査機ドーン(Dawn)は、日本時間3月6日(金)午後9時39分、準惑星セレス(Ceres)の約61000キロメートル上空の軌道に入りました。NASAジェット推進研究所では午後10時36分にドーンからの信号を受信し、ドーンが無事にイオンエンジンを作動させ予定軌道に入ったことが確認されました。画像は数日前3月1日に48000km離れた場所から撮影されたものです。

ドーンが打ち上げられたのは2007年9月27日、実に7年半49億キロの道のりを経ています。なお、4月中旬までしばらくセレスの日陰側の軌道を航行しているためセレス表面全体の明るい画像を得ることができませんが、らせん状の軌道でより詳細な画像取得が期待されます。観測は再来年半ばまで続けられる予定です。

source : NASA