第42次長期滞在ミッション船外活動実施

最終更新 2015.03.02

国際宇宙ステーション第42次長期滞在ミッションのクルーによるISSでの米国の31回目の船外活動が、日本時間3月1日(日)午後8時52分から開始され、2日(月)午前2時30分頃に終了しました。

今回の船外活動は、第42次ミッションの指揮官であるウィルモア飛行士とフライトエンジニアのバーツ飛行士が実施。ブームとC2V2アンテナ2セットと15mほどのケーブルを敷設、到着船のための通信システムに関連する実装などを実施しました。ボーイング社の搭乗員輸送システムCST-100やスペースX社の搭乗員用のドラゴン機もドッキングなどにこの通信システムを利用予定です。

source : NASA


TOP