バイオマス測定に焦点をあてた衛星開発へ

最終更新 2015.02.20

欧州ESAに於ける地球観測プログラムの主軸であるアース・エクスプローラ・ミッションの7番目のとして、バイオマス測定に焦点をあてた衛星が、2015年2月18日に採択されました。バイオマス全量と森林高を分解能200mで計測し、地上に蓄えられているバイオマスの毎年の変化を計測する予定で、2020年打ち上げをめざします。Pバンドレーダーを主体とする予定。

source : ESA


TOP