NASA2016年予算案

最終更新 2015.02.03

2016年度のNASAの予算要求は185.29億ドルで、昨年度からおよそ5億1900万ドル増加(航空分野と教育分野以外は前年度より増加)となりました。2023年に打上げ予定の新しいランドサット9号(Landsat-9)開発着手、木星の衛星エウロパの探査機のミッション開始も含まれます。

一方、長期に科学探査分野でミッションを継続している、月周回機ルナ・リコネッサンス・オービター(Lunar Reconnaissance Orbiter)と10周年を迎えた火星ローバーのオポチュニティ(Opportunity)については継続するかどうか夏に再判断される予定となっています。

また、現在多少の不具合はありながらも運用を続けているランドサット7号の推進薬が2019年に枯渇するため、隙間を埋める熱赤外フリーフライヤー(TIR-FED:Thermal-Infrared Free-Flyer)を開発、2019年の打上げを目指す計画です。

source : NASA


TOP