はやぶさ2の状況報告

最終更新 2015.01.29

28日JAXAでは、小惑星探査機「はやぶさ2」が現在行っている初期機能確認期間(打上げ以降約3ヶ月間を予定)での運用状況等について記者会見が開催されました。初期機能確認期間では、4機のイオンエンジンの稼働確認や連続自律運転による制御や推力などの確認を実施した他、Ka帯を利用した通信確立についても実施されました。

なお、はやぶさ2は現在日本から見てオリオン座よりやや下方うさぎ座方向に位置しています。地球近傍にいながら徐々に目的の1999JU3に向かっています。往路復路に関する軌道とスケジュールについても簡単に資料中に説明されています。

source : JAXA


TOP