放射線モニタリング無人機システム(UARMS)飛行試験を実施

最終更新 2015.01.20

福島市のふくしまスカイパークで、2014年11月27日、28日、放射線モニタリング無人機システム(UARMS)機能向上機の飛行試験が行われました。これまで開発・実証してきたベース機より、飛行時間を約6時間まで拡大、放射線検出を高精度で行えるよう地上からの距離を一定に保って飛行できる地形追従機能を備えているとのことです。

source : JAXA


TOP