宇宙技術開発株式会社

ESAの無人往還機実験機打ち上げ準備順調

最終更新 2015.01.16

欧州の無人往還機実験機Intermediate eXperimental Vehicle (IXV)は、来月2月11日にヴェガロケットで南米ギアナ基地より打ち上げられる予定になっています。昨年10月23日に、打ち上げ機関は様々な軌道をとる場合を考慮し安全性を確認するための追加要求を実施するために、11月18日に設定していた打ち上げの延期が決められました。

今回2月11日実施予定となったミッションは、打ち上げから太平洋上の着水まで約100分間かかります。高度320kmでフェアリング開頭し切り離されたIXVは、高度420kmまで滑空しながら上昇後、再突入へと移行します。

source : ESA