NASAは1年間滞在ミッションの開始

最終更新 2015.01.16

NASAは、長期間の宇宙滞在における生命に関する影響の研究を実施するため、今年3月から1年間の国際宇宙ステーション滞在ミッションをスタートさせます。医学的遂行機能、認識力、視力障害、代謝、物理的運動機能、細菌、人的環境などの7項目において微小重力環境でどのような影響をもたらすかについて研究が行われます。

source : NASA


TOP