宇宙技術開発株式会社

  1. ホーム
  2. 特集TOP
ロケット、衛星、情報通信、宇宙ステーション、射場まで。システム開発も含めた運用のエキスパート。

特集

月

月探査は新たな段階へ

近年および将来の月探査ミッション、特に米国のルナ・プロスペクターミッション以降の月探査に焦点をあてています。ESAのスマート1、日本のかぐや、NASAのエルクロスなど、周回しながら月を観測した探査機は月に次々と衝突して終わっています。そして最後に水を発見した確かな証拠を残しました。»詳細

相次ぐ月ミッションの行方

~2008年までに簡単に各国の月探査ミッションの概要を整理したものです。»詳細

太陽

太陽にチャレンジする衛星たち 天体としての太陽の観測は古くから様々な方法で行われていました。近年太陽観測のための衛星が次々と上げられており、その活動的な姿は、3D映像となって捉えられるようになってきました。日本のひので衛星をはじめ、ESAのソーホー衛星、NASAのステレオ衛星などを紹介しています。»詳細

火星

続く火星探査レース米国と旧ソ連の火星探査の時代から、2012年の現代まで、火星探査の概要をダイジェストしました。
1980年代後半以降の開発は、周回機と探査機によるダブル探査で、複数の衛星や探査機でついに水発見と特定にいたっています。火星の水の広がりや低温生物の可能性にいたるまでこれからが楽しみです。»詳細

天体と宇宙

宇宙からの天体観測地球から出て宇宙を観測するようになった天文観測衛星。その種類はX線・ガンマ線・可視・赤外光・紫外線を使った多様なものです。また、地球を周りながら天体を観測していたその軌道は、近年主に月と地球の重力安定点L2をとるものが出てきました。»詳細

水星・金星

水星・金星探査の歴史と計画 米ソ冷戦時代、こぞって探査機が打ち上げられました。その後の布石として大きいものは、金星探査のために打ち上げられたマゼラン探査機、水星探査のマリナー10号でしょう。近年は金星を周回するビーナス・エクスプレスと、2011年に水星を周回しはじめた探査機メッセンジャーが沢山の画像やデータを収集中です。»詳細

小惑星と彗星

小惑星と彗星探査 日本のはやぶさは小惑星のかけらを持ち帰りましたが、各国はどのような彗星や小惑星探査を実施中なのか紹介します。»詳細

土星

新たな発見が続く土星とその月 パイオニアやボイジャーによる土星接近後、現在も土星の周りを回るカッシーニ探査機も紹介します。土星以遠のミッション紹介もします。»詳細

木星

ベールを脱いだ木星の真実 パイオニアやボイジャーによる木星接近後、ガリレオ、ユリシーズ、カッシーニ、ニューホライズンと探査の歴史を紹介します。次の注目は2011年8月打ち上がったジュノーです。»詳細

ロケットと輸送技術

世界の輸送システム事情 各国のロケット技術の革新には目をみはるものがあります。簡単に近代的背景をまとめました。 »詳細

欧州宇宙機関の補給機ATV »詳細

宇宙からの地球観測

確実に歩を進める地球観測 気象観測から始まってさまざまに地表状態、大気の状態、海の状態を把握するための地球観測技術。多くの種類を簡単に整理してみました。 »詳細

衛星通信

宇宙からの通信技術に懸ける 陸で海で、今まで通信が難しいとされてきた場所でも移動しながら自由に通信端末が利用でき、様々なメディアにアクセスできるそんな時代がそこまできています。課題はあるものの非常に良い精度での位置計測データが世界中で得られるようになりつつあります。 »詳細

有人宇宙

有人宇宙開発に関する世界の動向 国際宇宙ステーションの登場から、人類が宇宙に常駐する時代がやってきました。世界的観点で、人が暮らす時代への変遷に取り組む一面を紹介します。 »詳細

映画ゼロ・グラビィティについて 2014年アカデミー賞を受賞した映画と実際の宇宙での描写の違いを紹介します。 »詳細