SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 価格と画像検索
  3. 画像検索補助ツール
画像検索補助ツール

画像検索補助ツール

緯度経度指定ツール(LocationShot)マニュアル

0. はじめに

「Location Shot」は、関心がある地域の緯度経度を簡単に指定できるツールです。 主に衛星画像の問い合わせメール問い合わせをする場合に役にたつよう準備してあります。
他の用途でもご利用していただくことはできますが、基本的に弊社サイトポリシーに則って運営しておりますので、ご了承下さい。
また、この「Location Shot」は無料でご利用いただけます。
画像購入などのお問い合わせについては、問い合わせへの直接メールもご利用下さい。
画像の検索については、衛星毎に検索のサイトが異なります。弊社で検索も致しておりますが、ご自身でご利用になりたい場合には、問い合わせのページに紹介しております。ご利用下さい。

ご利用のパソコンやネットワークなど何らかの問題でご利用いただけない場合もあります。その場合は、無理にご利用なさらないようお勧めいたします。

目次

  1. 画面表示の方法
  2. 画面上で指定地域を線で囲む方法(問い合わせ方法)
  3. 画面上で指定地域を面で表示させる方法

1. 画面表示の方法

(1)「データ」の入力モードの初期値が「KMLファイルにする」になっているため、下図①のように、「座標値」(緯度経度情報を得る)のラジオボタンをクリックして入力モードを変更してください。

(2)初期表示は弊社のある東京都中野区を中心にしてあります。下図②のように、お探しになりたい地域またはその近くの地名を入力し、「指定地域」のボタンをクリックすると、表示される画像はその地名を中心に切り替わります。お探しの地域が日本でない場合には、英語やカタカナで入力して同じように「指定地域」ボタンをクリックして下さい。システムで表示できない地名の場合は異なる近くの地名を入力して試してみてください。

(3)表示したい画面を拡大したり縮小したり、位置を移動させたりすることができます。下図③のように、「+」のボタンをクリックすれば画面が拡大し、「-」のボタンをクリックすれば画面は縮小します。上下左右の微妙な位置移動については、方向のボタンをクリックして移動させることができます。

2. 画面上で指定地域を線で囲む方法

(1)画面の初期表示は、写真に地図の地名などが重なっている画面になっていますが、下図④のようにボタンで表示を切り替えることができます。「地図」「航空写真」「地図+写真」「地形」に切り替えられます。指定範囲が見やすい方法に切り替えてご利用ください。

(2)画面上をクリックしていくと、クリックした位置が画面に赤い線で表示されていき、緯度経度情報が画面右の欄に表示されていきます(下図⑥)。(1)で指定したい地域全体が画面上に表示されている状態で、下図⑤のように、指定したい地域をクリックして囲んでいきましょう。間違えた場合は画面の情報にある「削除」「編集」「消去」ボタンを使って修正することができます。

(3)指定したい範囲を囲み終わったら、下図⑦のように、画面上にある「閉じる」をクリックしてください。囲み間違った時、「削除」ボタンをクリックすると1頂点が削除されます。「消去」ボタンをクリックした場合には、全頂点が削除されます。「編集」ボタンをクリックした場合には各頂点が編集できるモードに変わりますので各頂点を動かして修正してみてください。

(4)「選択&複製」のボタンをクリックすると、画面右の欄に表示されている緯度経度情報をコピーして他のツールなどへペーストすることができます。

(5) ⑦で指定したように、「選択&複製」ボタンを利用することもできますが、選択して右クリックでコピー他の機能も利用できます。緯度経度情報をコピーや切り張りなどをして問い合わせメールに添付するなど、ご活用下さい。

3. 画面上で指定地域を面で表示させる方法

(1)下図⑧のように、「モード」を「ライン(線で指定する)」から「ポリゴン(面で指定する)」に変更した場合、指定する地域は線ではなく多角形の赤いメッシュ状の面で画面上に表示されます。

(2)「モード」は、1.の最初の時に変更してもかまいませんし、「ライン」で入力途中に切り替えることもできます。