SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 利用分野
  3. ポスター・出版物・パンフレット・アルバムなど
ポスター・出版物・パンフレット・アルバムなどへのコンテンツ提供

ポスター・出版物・パンフレット・アルバムなど

SEDは加工やその他の観点から、地球観測衛星データの利用を積極的に提案します。 地球観測衛星で撮影されたデータは、身近な街から、たやすく行くことのできない所まで見渡すことのできる素晴らしい素材です。高い解像度ではないものの、1970年代の古い画像から数十キロという広い範囲で街並みを掘り起こすこともできます。 パネルやポスターなどへの加工、出版物、パンフレット、アルバムといった使い方から、各種の解析、ネットワークでの利用など、様々な付加価値を創造できます。

衛星画像や衛星データは、非常に大きなデータであること、取り扱うフォーマットが特殊であることから、特別なソフトウェアが必要な場合が多く、一般の方が購入したものの、加工等にお困りになられていることが多々あります。 そんな場合には、地球観測衛星データの取り扱い経験が豊かなSEDに、是非ご相談下さい。

旅行案内、町並みのポスター、書籍など、利用方法により価格は異なります。価格比較は参考にご覧下さい。書籍の場合は出版部数により価格が増す場合もございます。 また、SEDが直接販売したデータ以外でも、日本・海外の衛星データを利用されたいもの加工方法やライセンス取り扱いなどがよくわからずお困りの場合、SEDにご相談下さい。研究支援、防災マップ、タウンマップなどへの加工まで承ります。解析データの活用やネットワークでの活用、素材・コンテンツとしての利用をお考えの方、是非お問い合わせください。

衛星サッとマップへ変換

SEDはこれからもプレアデス(Pleiades)ジオアイ(GeoEye)ワールドビュー(WorldView)クイックバード(QuickBird)イコノス(IKONOS)スポット(SPOT)だいち(ALOS)ラピッド・アイ(RapidEye)などをはじめとする高分解能・高解像度の様々な地球観測衛星画像データを活用して参ります。コスモ・スカイメッド(Cosmo-Skymed)をはじめとするレーダ(SAR)の活用についても促進をして参ります。