SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 利用分野
  3. 公共インフラ整備・保全と運用・計画
公共インフラ(道路、鉄道、下水道)整備・保全と運用・計画

公共インフラ整備・保全と運用・計画

公共インフラ(道路、鉄道、下水道)整備・保全と運用・計画

道路、鉄道、下水道などライフラインは、生活と密着しており、運用されたままで復旧やメンテナンスを行ったり、時にはより迅速な新設が要求されることがあります。 新設・復旧・メンテナンスなどの様々な計画を効率的にこなすために、衛星画像データをお役立て下さい。

国や自治体は、わたしたちの暮らしを守るため、こうした公共インフラが安全かつ円滑に運用されるよう監督をしています。公共インフラの整備・保全には、地域毎に多くのデータを整理する必要があります。衛星画像データと地図データを活用し、わかりやすい図面を作成したい、出力したいといった場合、是非SEDにご相談ください。公共データの整備や住民サービスへの活用に衛星画像データは役立ちます。

道路管理におけるデータご利用例

道路管理を行う上では、沿道の状況(開発状況、土地利用状況、沿道家屋の状況、植生の分布状況等)を把握することは非常に重要です。そのため、沿道状況がわかる衛星写真に高速道路の位置情報、施設名、市町村名、行政境、主要道路名、河川名などを記載したものを作成、道路の維持管理に利用されています。また、地震や大雨などの災害や、事故が発生した場合に於いても、対策を検討する上で活用されています。

道路管理事例
(東日本高速道路株式会社事例)
(Click to enlarge the image / クリックして画像を拡大できます)

SEDはこれからもプレアデス(Pleiades)ジオアイ(GeoEye)ワールドビュー(WorldView)クイックバード(QuickBird)イコノス(IKONOS)スポット(SPOT)だいち(ALOS)ラピッド・アイ(RapidEye)などをはじめとする高分解能・高解像度の様々な地球観測衛星画像データを活用して参ります。コスモ・スカイメッド(Cosmo-Skymed)をはじめとするレーダ(SAR)の活用についても促進をして参ります。