SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 利用分野
  3. 海洋分野
海洋分野への利用

海洋分野

海洋の関係者は、古くから衛星画像データを活用し、現代的な船舶は衛星通信機器を搭載、気象観測データおよび海象データをFAXやネット受信できる時代になっています。
海流の方向や速度、海上風・速度などの条件は、公的機関や船舶会社の海洋船舶の燃料削減コースの検討にも利用されています。 また、中高分解能の地球観測のデータは、雪氷データや漂流物における監視についても威力を発揮します。

日本と海外の公開情報を中心に、簡単にまとめたページも紹介しています。
→衛星画像データガイダンス「海洋」

海温・海色・プランクトンなどの漁業・環境監視への活用

漁場や海の環境の把握、海の表面のデータは、その多くを衛星画像データで担っています。 海の表面の温度、海流、海色から植物性のプランクトンの含有の解析、環礁マップなど多くに活用れています。

また、2011年6月打ち上げのNASAのアクエリアス(Aquarius)衛星や2011年11月打ち上げのESAのSMOS衛星では、海表面の塩分濃度も計測することができます。

マイクロ波レーダ(SAR)による港湾管理

可視光だけでなくマイクロ波レーダ(SAR)を使うと、比較的頻度の高い昼夜のデータを得ることができます。2時期を色分けして表示したり偏波情報を利用することにより、船の出す識別情報や港湾情報と共に活用することができます。大型の漂流物など海上の人工物の動きを把握することも可能です。港湾管理や海上監視に役立ちます。

海難救助

衛星を利用したArgoシステム活用により、海難救助信号(AESシステム)による海難救助について、衛星からのデータ活用が行われています。しかし現在のところ、衛星画像データは活用されていません。海難救助に関しては、衛星の位置情報の精度向上が見込まれています。

海洋環境の把握や変化抽出について、多くのデータを衛星画像データから得ることができます。 海洋においても、総合的な利用に役立つ衛星画像データ紹介およびシステム提案のお手伝いをしていこうと考えています。

SEDはこれからもプレアデス(Pleiades)ジオアイ(GeoEye)ワールドビュー(WorldView)クイックバード(QuickBird)イコノス(IKONOS)スポット(SPOT)だいち(ALOS)ラピッド・アイ(RapidEye)などをはじめとする高分解能・高解像度の様々な地球観測衛星画像データを活用して参ります。コスモ・スカイメッド(Cosmo-Skymed)をはじめとするレーダ(SAR)の活用についても促進をして参ります。