SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 利用分野
  3. マーケティング分野
マーケティング分野への利用

マーケティング分野

マーケティング分野への利用

大規模な商圏分析(マーケティング)に於いて、「付帯設備、調査のための最前線を調査・分析・計画策定」する素材として、衛星画像データは広範に利用されています。 小規模な事例については、経年変化による地域ニーズの変化を街の変化データから把握したり、敷地内または離れた地点での品目管理の参考画像として活用したりすることができます。

施設管理事例では、ラベリングしたものの、保管場所をデータベース管理する場合には、どこにどのように保管しているか把握したいというニーズにお応えします。地理情報及び衛星画像による背景情報、保管状態データ、品目などを可視化することが、管理における重要なポイントです。施設・設備の保管・メンテナンスの他、販売の場合には、移動量の把握、コスト換算などを組み合わせたシステム構築などをご相談下さい。

SEDはこれからもプレアデス(Pleiades)ジオアイ(GeoEye)ワールドビュー(WorldView)クイックバード(QuickBird)イコノス(IKONOS)スポット(SPOT)だいち(ALOS)ラピッド・アイ(RapidEye)などをはじめとする高分解能・高解像度の様々な地球観測衛星画像データを活用して参ります。コスモ・スカイメッド(Cosmo-Skymed)をはじめとするレーダ(SAR)の活用についても促進をして参ります。