SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 衛星諸元とまとめ
  3. THEOS「テオス」
THEOS「テオス」

THEOS「テオス」

テオス(THEOS)衛星・センサの概要・諸元

テオス(THEOS)衛星は、タイの地球観測衛星で、光学センサを搭載しています。ランドサット衛星などでも利用する青、緑、赤、近赤外の波長のデータの他、パンクロマティックの画像分解能が2mと高いことが特徴です。

 →打ち上げ年表へ

テオス(THEOS)の概要
打ち上げ 2008年10月
軌道高度 820km
パンクロマティックの波長 450-900nm
パンクロマティックの分解能 2m
マルチスペクトルの波長 青 450-520nm
緑 530-600nm
赤 620-690nm
近赤外 770-900nm
マルチスペクトルの分解能 15m
観測幅 パンクロマティック 22km
マルチスペクトル 90km
(パンクロマルチ同時観測)撮影長 1000kmまで
(シングル観測)撮影長 1900kmまで
センサ1画素あたりの情報量 -