SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 衛星諸元とまとめ
  3. Tandem-X「タンデム・エックス」
Tandem-X「タンデム・エックス」

Tandem-X「タンデム・エックス」

タンデムエックス(Tandem-X)衛星の概要

タンデムエックス(Tandem-X)衛星は、ドイツ宇宙機関が運用に関わっている地球観測衛星で、2010年6月21日に打ち上げられ、X帯のマイクロ波を利用した合成開口レーダー(SAR)を搭載しています。TerraSARに準じた性能であり、全世界における高精度の高度データ(DEM)を整備を行っています。

TerraSAR-Xと共に高精度のデジタル高度モデル作成用データを収集しています。全世界データを取得しており、2014年中に均一な3D高度モデルデータTanDEM-X DEM を作成予定です。

 →打ち上げ年表へ