SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 衛星諸元とまとめ
  3. QuickBird「クイックバード」
QuickBird「クイックバード」

QuickBird「クイックバード」

クイックバード(QuickBird)衛星・センサの概要・諸元

クイックバード(QuickBird)は、ディジタルグローブ社の商業地球観測衛星です。可視3バンド、近赤外1バンドの一般的な波長の可視・赤外光マルチスペクトルセンサと、高解像度撮影用のパンクロマティックセンサを搭載しています。0.61-0.72mという高い分解能で地上を観測しています。2002年に紹介されはじめた後、グーグル・アースなどにより、高解像度の衛星画像が身近になりました。クイックバード衛星は運用を終了しており、撮影済の画像データの販売のみを行っています。

 →打ち上げ年表へ

QuickBird撮影概観図

QuickBird撮影概観図
クイックバード(QuickBird)の概要
打ち上げ 2001年10月18日
軌道高度 450km
パンクロマティックの波長 405-1053nm
パンクロマティックの分解能 0.61m(直下視)
マルチスペクトルの波長 青 430-545nm
緑 466-620nm
赤 590-710nm
近赤外 715-918nm
マルチスペクトルの分解能 2.44m(直下視)
観測幅 16.8km
センサ1画素あたりの情報量 11bits

Quickbird価格表

2015年7月1日から新規価格となっています。お見積・お問い合わせ

サンプル画像

クイックバードQuickBirdの画像サンプル小
(京都二条城付近)

クイックバード(QuickBird)衛星サンプルクリップ

クイックバード画像サンプルクリップ

上の絵をクリックいただくと、東京都新宿から中野付近(5km×5km:2002年10月11日撮影)にかけての大きな画像をご覧いただくこともできます。(Windowsマシンのみ対応)