SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 衛星諸元とまとめ
  3. COSMO-SkyMed「コスモスカイメッド」
COSMO-SkyMed「コスモスカイメッド」

COSMO-SkyMed「コスモスカイメッド」

コスモスカイメッド(COSMO-SkyMed)衛星・センサの概要・諸元

コスモスカイメッド(COSMO-SkyMed)衛星は、イタリア宇宙庁が運用に関わっている小型地球観測衛星で、4機体制から成ります。搭載している合成開口レーダーは、ALOS搭載のPALSARとは異なるXバンドの波長を利用しています。撮影モードにより選択できる偏波は異なります。

また、SARは夜間の撮影画像も利用できるため、 定常で早朝と夕方の2回の撮影が実施できる設定となっています。

 →打ち上げ年表へ

コスモスカイメッドCosmo-SkyMed撮影外観

コスモスカイメッド(COSMO-SkyMed)の概要
打ち上げ 1号機(2007年6月8日)、2号機(2007年12月9日)、3号機(2008年10月25日)、4号機(2010年11月6日)
軌道高度 620km
モード 超広域ヒュージリージョン
HUGEREGION
広域ワイドリージョン
WIDEREGION
中心周波数 9.6GHz(Xバンド)
偏波 HH、HV、VV、VHのいずれか1種類 HH、HV、VV、VHのいずれか1種類
撮影方式 スキャンサー(SCANSAR)
地上分解能 30m 16m
観測幅
(撮影範囲例)
200km
(200km×2000km)
100km
(100km×2000km)
打ち上げ 1号機(2007年6月8日)、2号機(2007年12月9日)、3号機(2008年10月25日)、4号機(2010年11月6日)
軌道高度 620km
モード 高分解能連続撮影エイチイメージ
HIMAGE
連続撮影ピンポン
PINGPONG
スポットライト2撮影
SPOTLIGHT2
中心周波数 9.6GHz(Xバンド)
偏波 HH、HV、VV、VHのいずれか1種類 HH、HV、VV、VHのいずれか1種類 HH、HV、VV、VHの中から2種類
撮影方式 ストリップマップ
(STRIPMAP)
スポットライト2
(SPOTLIGHT2)
地上分解能 3m 15m 1m
観測幅
(撮影範囲例)
40km
(40km×2000km)
30km
(30km×2000km)
10km
(10km×10km)

コスモスカイメッド(COSMO-SkyMed)価格表

2015年7月1日から新規価格となっています。お見積・お問い合わせ

コスモスカイメッド(COSMO-SkyMed)衛星サンプルクリップ

コスモスカイメッド画像サンプルクリップ

上の絵をクリックいただくと、栃木県渡瀬遊水地中心(50km×50km程度:2008年4月5日HIMAGEモード偏波HHにて撮影)の大きな画像をご覧いただくこともできます。(Windowsマシンのみ対応)