SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 衛星諸元とまとめ
  3. Terra(ASTER)「テラ衛星」アスター
Terra(ASTER)「テラ衛星」アスター

Terra(ASTER)「テラ衛星」アスター

テラ(Terra)衛星/アスター(ASTER)の概要・諸元

アスター(ASTER:Advanced Spaceborne Thermal Emission and Reflection Radiometer)は、米国NASAのテラ(Terra)衛星に搭載された、可視から熱赤外にわたる14バンドの観測波長を持った日本の地球観測用センサです。鉱物に関する特徴的なスペクトルを捉えるのに適した波長を持っています。

 →打ち上げ年表へ

テラ(Terra)衛星/アスター(ASTER)の概要
打ち上げ 1999年12月18日
軌道高度 705km(太陽同期、回帰日数16日、約99分/1周回)
センサ VNIR SWIR TIR
波長 band1 緑 520nm-600nm(直下視)
band2 赤 630nm-690nm(直下視)
band3 近赤外 760nm-860nm(直下視及び後方視)
band4 中間赤外 1600nm-1700nm
band5 中間赤外 2145nm-2185nm
band6 中間赤外 2185nm-2225nm
band7 中間赤外 2235nm-2285nm
band8 中間赤外 2295nm-2365nm
band9 中間赤外 2360nm-2430nm
band10 熱赤外 8125nm-8475nm
band11 熱赤外 8475nm-8825nm
band12 熱赤外 8925nm-9275nm
band13 熱赤外 10250nm-10950nm
band14 熱赤外 10950nm-11650nm
分解能 15m 30m 90m
観測幅 60km 60km 60km
センサ1画素あたりの情報量 8bits 8bits 12bits