SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 衛星諸元とまとめ
  3. ALOS「陸域観測衛星(だいち)」
ALOS「陸域観測衛星(だいち)」

ALOS「陸域観測衛星(だいち)」

→ALOS「陸域観測衛星(だいち)」PALSARへ

だいち(ALOS)/
パンクロマチック立体視センサ(PRISM)・高性能可視赤外放射計2型(AVNIR-2)の概要・諸元

だいち(ALOS)は、2006年1月24日に、軌道高度692kmに打ち上げられました。パンクロマチック立体視センサ(PRISM)は、可視域の波長帯で観測する光学センサで前方・直下・後方それぞれ3方向の画像を取得できるよう3式の光学系で撮影されます。
高性能可視赤外放射計2型(AVNIR-2)は、衛星進行方向を前とすると、PRISMより後ろに取り付けられており、災害状況把握などのために±44°方向のポインティング機能を持ち、柔軟に観測領域を変更できるよう設計されました。だいちは、2011年4月22日の撮影を最後に、5月に運用を終了しています。

 →打ち上げ年表へ

ALOS/PRISMおよびAVNIR-2の概要
打ち上げ 2006年1月24日
軌道高度 692km
センサ名 パンクロマチック立体視センサ
(PRISM)
高性能可視赤外放射計2型
(AVNIR-2)
パンクロマティックの波長 520-770nm -
パンクロマティックの分解能(直下視) 2.5m -
マルチスペクトルの波長 - 青 420-500nm 緑 520-600nm 赤 610-690nm 近赤外 760-890nm
マルチスペクトルの分解能(直下視) - 10m(直下視)
観測幅(直下視) 35km or 70km 70km
センサ1画素あたりの情報量 8bits 8bits

ALOS/PRISMの撮影の概観図
ALOS/PRISMの撮影の概観図

AVNIR-2撮影概観
AVNIR-2撮影概観

だいち(ALOS)衛星データ価格

だいち1号のデータ購入価格・方法が2014年11月25日より変更になりました。PALSAR,AVNIR-2データはJAXAから実費販売となります。だいちマップは継続販売する他、PRISMの価格は5万円~に変更となります。詳しくはお問い合わせください。お見積・お問い合わせ

サンプル画像

だいちALOSの画像サンプル小
(阿蘇山近辺)

ALOSだいち衛星のAVNIR-2およびPRISMのパンシャープンデータサンプルクリップ

だいちAVNIR-2とPRISMのパンシャープン画像サンプルクリップ

上の絵をクリックいただくと、だいちのAVNIR-2およびPRISMのパンシャープン画像(2010年9月26日埼玉県所沢周辺撮影)の大きな画像をご覧いただくこととができます。(Windowsマシンのみ対応)