SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 衛星諸元とまとめ
  3. ALOS-2「陸域観測衛星(だいち)2号」PALSAR-2
ERS-1,2

ALOS-2「陸域観測衛星(だいち)2号」PALSAR-2

陸域観測衛星(だいち)2号(ALOS-2)/Lバンド合成開口レーダー(PALSAR-2)の概要・諸元

だいち2号(ALOS-2)は、2014年5月24日に打ち上げられた日本の地球観測衛星です。だいち2号には、1号に搭載されたフェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ(PALSAR)の後継機であるPALSAR-2が搭載されています。PALSARと同じく(後方散乱)を見る能動型のマイクロ波センサです。空間分解能の向上はもちろんですが、利用できる偏波の種類や組み合わせが増えています。また、軌道を工夫し、多くの地球観測衛星が標準的に撮影する撮影時間をずらすことで、国際的にも災害などの緊急適応性を広げることができると期待されています。

ALOS-2/PALSAR-2の概要
打ち上げ 2014年5月24日
軌道高度 628km(予定)
観測モード スポットライト 高分解能 広域観測
3m 6m 10m ScanSAR
350km
ScanSAR
490km
中心周波数 1257.5MHz 1236.5/1257.5/1278.5MHz のうち一つ
周波数帯域 84MHz 84MHz 4MHz 28MHz 14MHz 28MHz 14MHz
空間分解能 3×1m 3m 6m 10m 100m
(3look)
100m
(3look)
60m
(1.5look)
入射角範囲 8-70度 8-70度 8-70度 20-40度 8-70度 23.7度 8-70度 8-70度 8-70度
観測幅 25×25km 50km 50km 40km 70km 30km 350km
(5Scan)
350km
(5Scan)
490km
(5Scan)
偏波 SP SP/DP SP/DP
CP
FP SP/DP
CP
FP SP/DP SP/DP SP/DP