SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. 価格と画像検索
  3. 参考価格表
参考価格表

参考価格表

ALOS「陸域観測衛星(だいち)」価格表

だいち(ALOS)は、2006年1月24日に、軌道高度692kmに打ち上げられました。パンクロマチック立体視センサ(PRISM)は、可視域の波長帯で観測する光学センサで前方・直下・後方それぞれ3方向の画像を取得できるよう3式の光学系で撮影されます。
高性能可視赤外放射計2型(AVNIR-2)は、衛星進行方向を前とすると、PRISMより後ろに取り付けられており、災害状況把握などのために±44°方向のポインティング機能を持ち、柔軟に観測領域を変更できるよう設計されました。だいちは、2011年4月22日の撮影を最後に、5月に運用を終了しています。

だいち1号のデータ購入価格・方法が2014年11月25日より変更になりました。PALSAR,AVNIR-2データはJAXAから実費販売となります。だいちマップは継続販売する他、PRISMの価格は5万円~に変更となります。詳しくはお問い合わせください。

だいち2号(ALOS-2)データについても販売を開始しました。だいち2号は2014年5月24日に、軌道高度628kmに打ち上げられました。1号に搭載されたフェーズドアレイ方式Lバンド合成開口レーダ(PALSAR)の後継機であるPALSAR-2が搭載されています。PALSARと同じく(後方散乱)を見る能動型のマイクロ波センサです。詳しくはお問い合わせください。

→ALOSの諸元   →ALOS-2の諸元
→打ち上げ年表へ お見積・お問い合わせ

COSMO-SkyMed「コスモスカイメッド」価格表

コスモスカイメッド(COSMO-SkyMed)衛星は、イタリア宇宙庁が打ち上げた衛星で、4機体制から成ります。搭載している合成開口レーダーは、ALOS搭載のPALSARとは異なるXバンドの波長を利用しています。撮影モードにより選択できる偏波は異なります。また、SARは夜間の撮影画像も利用できるため、 定常で早朝と夕方の2回の撮影が実施できる設定となっています。
SEDでは撮影済の画像データの販売だけでなく、新規撮影にも対応しています。

→COSMO-SkyMedの諸元
→打ち上げ年表へ  お見積・お問い合わせ

GeoEye-1/IKONOS「ジオアイ1号/イコノス」価格表

ジオアイ1号(GeoEye-1)は、商業地球観測衛星で、可視3バンド、近赤外1バンドの一般的な波長の可視・赤外光マルチスペクトルセンサと、高解像度撮影用のパンクロマティックセンサを搭載しています。0.41-0.50mという高い分解能で地上を観測しています。

イコノス(IKONOS)は、商業地球観測衛星で、可視3バンド、近赤外1バンドの一般的な波長の可視・赤外光マルチスペクトルセンサと、高解像度撮影用のパンクロマティックセンサを搭載しています。0.82-1mという高い分解能で地上を観測しています。

SEDでは撮影済の画像データの販売だけでなく、新規撮影にも対応しています。

→GeoEye-1の諸元
→IKONOSの諸元
→簡単な価格比較
→打ち上げ年表へ

2015年7月1日から新規価格となっています。お見積・お問い合わせ

インターネットによる高解像度衛星画像配信サービス(J-IMAGE50/J-Image100)も開始しました。日本の50cm、1m解像度の画像をネット配信するサービスです。映像によるデモンストレーションや地図背景など利用分野が広がります。
◆対象商品 J-IMAGE50、J-IMAGE100(お問い合わせ)
(エリア:日本全国、地方/北海道、都道府県、 ライセンス:シングルユーザー(1接続)、ワークグループ(5接続まで))

Quickbird「クイックバード」価格表

クイックバード(QuickBird)は、ディジタルグローブ社の商業地球観測衛星です。可視3バンド、近赤外1バンドの一般的な波長の可視・赤外光マルチスペクトルセンサと、高解像度撮影用のパンクロマティックセンサを搭載しています。0.61-0.72mという高い分解能で地上を観測しています。2002年に紹介されはじめた後、グーグル・アースなどにより、高解像度の衛星画像が身近になりました。SEDでは撮影済の画像データの販売だけでなく、新規撮影にも対応しています。

→QuickBirdの諸元
→簡単な価格比較
→打ち上げ年表へ

2015年7月1日から新規価格となっています。お見積・お問い合わせ

RapidEye「ラピッドアイ」価格表

ラピッドアイ(RapidEye)衛星は、5機同じ仕様で一緒に打ち上げられた小型の商業地球観測衛星です。クイックバードやジオアイのように高い解像度ではないものの、広範囲を比較的高い解像度でカバーしたい場合にお勧めです。 ランドサットをはじめ、クイックバードやジオアイなどの衛星で利用されている青、緑、赤、近赤外の波長の他に、レッドエッジという波長が加わっているのが特徴です。ワールドビュー2号でも新しく加わっている波長であり、特に植物の状態を把握するのに新たに加えられた波長です。近赤外波長では一般に植物の活性度がよく映りますが、赤から近赤外の劇的に変化する部分に着目しています。SEDでは撮影済の画像データの販売だけでなく、新規撮影にも対応しています。

→RapidEyeの諸元
→打ち上げ年表へ

  お見積・お問い合わせ

SPOT「スポット」価格表

スポット(SPOT)衛星は、フランスの宇宙機関CNESの衛星です。SPOTは、継続的に打ち上げられており、現在一番新しく分解能が高いSPOT-6(スポット6号)の画像取得が開始されています。なお、SPOT-4,5には低解像度(約1km)で広範囲を撮影できるVEGETATIONセンサを搭載、SPOT-5には高解像度立体視のためのHRSセンサも搭載しています。各機主要センサであるHRV、HRVI、HRG、NAOMIはそれぞれ2台搭載されています。SEDでは撮影済の画像データの販売だけでなく、新規撮影にも対応しています。

→SPOTの諸元
→簡単な価格比較
→打ち上げ年表へ

→スポット5号(SPOT-5)などメーカ参考価格表(PDF)(サテライト・イメージ・マーケティングサイト:PDF)  お見積・お問い合わせ

WorldView-1「ワールドビュー1号」価格表

ワールドビュー1号(WorldView-1)は、ディジタルグローブ社の商業地球観測衛星です。パンクロマティック光学センサだけですが、分解能は50cmと高く、車のフロントガラスも識別できるほどです。SEDでは撮影済の画像データの販売だけでなく、新規撮影にも対応しています。

→WorldView-1の諸元
→簡単な価格比較
→打ち上げ年表へ

2015年7月1日から新規価格となっています。お見積・お問い合わせ

WorldView-2「ワールドビュー2号」価格表

ワールドビュー2号(WorldView-2)は、ディジタルグローブ社の商業地球観測衛星です。 クイックバードと比較して分解能が上がっただけでなく、植物や海洋など環境変化に着目したコースタル、黄色、レッドエッジの波長のデータが新設されています。洪水などの浸水時の見やすい画像の作成にも便利です。SEDでは撮影済の画像データの販売だけでなく、新規撮影にも対応しています。

→WorldView-2の諸元
→簡単な価格比較
→打ち上げ年表へ

2015年7月1日から新規価格となっています。お見積・お問い合わせ

WorldView-3「ワールドビュー3号」価格表

ワールドビュー3号(WorldView-3)は、ディジタルグローブ社の商業地球観測衛星です。 ワールドビュー2号より更に分解能が向上、2号を踏襲したコースタル、黄色、レッドエッジ、近赤外の波長の他にも、中間赤外に8バンドの波長データが新設されています。これより分解能が低い中解像度のCAVISも併設されています。直下方向から20度(オフナディア20度)で北緯40度程度の場合4.5日間に1度は撮影できる性能です。(※結果は天候などの条件によるためこの限りではありません。)

→WorldView-3の諸元
→簡単な価格比較
→打ち上げ年表へ

2015年7月1日から新規価格となっています。お見積・お問い合わせ

DEM価格表

詳細な画像解析など用途により、DEMが別途必要な場合があります。

2015年7月1日から新規価格となっています。お見積・お問い合わせ

ALOS全世界デジタル3D地形データ

独立行政法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の陸域観測技術衛星「だいち(ALOS)」のPRISMセンサで撮影された衛星画像を使った、世界で初めて5m解像度で世界中の陸地の起伏を表現する「全世界デジタル3D地形データ」のサービスも案内しています。

→メーカ参考パンフレット(PDF) 
→メーカ参考価格表(PDF)  お見積・お問い合わせ