SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. ガイダンスと学習
  3. 学生の方々へ
学生の方々へ

学生の方々へ

SEDで紹介している多くのページは、研究や事業に実際に地球観測データを使いたいという方々に向けて記述しています。そのため初めての方や異業種の方、そしてこれから研究しはじめるという学生の方には、内容が不十分かもしれません。 「利用分野」などの記述を参考にしていただき、研究分野に合致したデータを選択してください。

日本、海外のサイトからは、無料または安価で求められるものもあります。 ライセンスとしては、当然ではありますが勝手にダウンロードして転売したり、ミラーサイトを経営したりすることは禁止されていますし、商用利用は制限されている場合がほとんどです。 一方、教育や研究利用のための活用は奨励されております。商用で購入できるデータより多少使い勝手は悪いかもしれませんが、こうしたデータの活用もお勧めします。

一例として、下記にランドサット、アクアおよびテラ衛星のモディス、EO-1衛星などのデータが ユーザ登録(メールなどの対応も英語になります)をしてご利用いただける、米国地質調査所(USGS)のサイトを紹介いたします。残念ながら対応が英語となるため、パスワード登録後の返信や、その後の対応は英語になります。
なお、サービスは、米国政府機関が実施しているため、申し訳ありませんが、問題が生じた時に弊社が対応・責任を負うことはできません。英語表記で順にご活用いただきますよう、宜しくお願いいたします。

また、ランドサットについては、日本の産業総合研究所のサイトでダウンロードできます。ご利用方法もサイト内で日本語で紹介されています。是非ご活用下さい。

また、データを画像として利用するだけでなく解析や地理データとの統合活用を考えている場合には専用のソフトウェアが必要です。EADAS Imagine、ENVI、ArcInfoといった専用ソフトウェアは、かなり高価ですが、近年はWindowsPCでも利用でき、学校教育用に安価に揃えられる場合もあるので、活用されると良いと思います。数や予算の関係で導入が難しい場合でも、ソフトウェアが英語であることを厭わなければ、MultiSpec、GRASSといった無料のソフトウェアのご利用検討もお勧めいたします。

※ソフトウェアの機能や特長につきましては、各メーカなどへお問い合わせください。解析や処理、研究支援に関しては、弊社にご相談いただければ、お見積もりさせていただくことも可能です。