SEDのTopへ  |  事業概要  |  サイトマップ  |  お問い合わせへ

  1. ホーム
  2. ガイダンスと学習
  3. はじめての方へ
GeoEye-1「ジオアイ1号」

はじめての方へ

はじめての方に(衛星画像を見る)

宇宙技術開発株式会社の衛星データサービス事業では、研究だけでなく、実用の場でも様々に利用できる衛星データについて紹介、販売を行っています。弊社は長年、多くの機関・企業の方々の協力を受け、宇宙開発の技術を実利用に使うことを模索してきました。

※衛星データは、一般に特殊なフォーマットを持つ大容量のデータです。また、世界中のデータを検索する場合適切な条件設定が多くのお客様にとって煩雑なため、普及が阻まれてきた歴史があります。SEDでは、お客様にこうした難しい部分のサポートを行うことを大切にしています。特殊な加工や解析などを行う予定の方はまずGIS用のソフトウェアなどの導入をお勧めしています。また、簡単に閲覧や画像での利用、印刷などを想定される方などのために、SEDでは取り扱えるソフトウェアの紹介や、お客様のご要望に応じてAdobe Photoshop形式やjpgなどのデータも提供いたしております。お気軽にご相談ください。

衛星データが活躍している場を知りたいという方には、「画像問い合わせから購入までの流れ」をご覧になることをお勧めします。
技術的知識を深めたいという方には、「衛星画像の学習帳」「衛星諸元とまとめ」をお勧めします。

また、教育業界向けの本としては、以下をお勧めいたします。

書名 宇宙から地球を診断する
著者・訳者名・編者 著者 : 岩田 勉
編者 : 宇宙航空研究開発機構(JAXA)
出版社名 SCC(定価1260円)
初版または発行年 初版 2010年3月

ホームページ上には、紹介しきれない部分につきましては、業務のご相談やご質問などお気軽に連絡下さい。

だいちALOSの画像サンプル小
ALOSは、陸域観測技術衛星「だいち」と呼ばれ、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の衛星です。地表の高さ情報から地形を把握でき、搭載した2つのセンサを利用して立体的な画像を作ることができます。
左の画像(阿蘇山近辺)はクリックするともう少し大きなサンプルを見ることができます。
→ALOSをもっと詳しく知りたい
スポットSPOTの画像サンプル小
SPOTは、「スポット」と呼ばれ、フランスの宇宙機関CNESの衛星です。SPOTは、継続的に打ち上げられており、現在一番分解能が高いものがSPOT-5(スポット5号)です。
左の画像は、宮城県仙台空港の周辺の水田を撮影した画像です。衛星画像を用いた稲の被害程度の推定や収量予測への利用が期待されています。マルチスペクトルとパンクロマティックバンドを使い、鮮明なカラー画像(パンシャープン画像)を得ることができます。左の画像は、パンシャープン画像のサンプルです。画像をクリックするともう少し大きなサンプルを見ることができます。
→SPOTをもっと詳しく知りたい
イコノスIKONOSの画像サンプル小
IKONOSは、「イコノス」と呼ばれ、米国の宇宙機関NASAが打ち上げたジオアイ社の衛星です。0.82-1mという高い分解能で地上を観測しています。
左の画像(栃木日向砂防堰堤周辺)はクリックするともう少し大きなサンプルを見ることができます。
→IKONOSをもっと詳しく知りたい
ジオアイGeoEyeの画像サンプル小
GeoEye-1は、「ジオアイ」と呼ばれ、米国の宇宙機関NASAが打ち上げたジオアイ社の衛星です。 0.41-0.50mという高い分解能で地上を観測しています。
左の画像(新宿駅周辺)はクリックするともう少し大きなサンプルを見ることができます。
→GeoEyeをもっと詳しく知りたい
クイックバードQuickBirdの画像サンプル小
QuickBirdは、「クイックバード」と呼ばれ、米国の宇宙機関NASAが打ち上げたデジタルグローブ社の衛星です。0.61-0.72mという高い分解能で地上を観測しています。
左の画像(京都二条城付近)はクリックするともう少し大きなサンプルを見ることができます。
→QuickBirdをもっと詳しく知りたい
ワールドビューWorldViewの画像サンプル小
WorldView-1は、「ワールドビュー1号」と呼ばれ、米国の宇宙機関NASAが打ち上げたデジタルグローブ社の衛星です。0.5-0.59mという高い分解能で地上を観測しています。
左の画像(横浜駅付近)はクリックするともう少し大きなサンプルを見ることができます。
→WorldView-1をもっと詳しく知りたい
ワールドビューWorldViewの画像サンプル小
WorldView-2は、「ワールドビュー2号」と呼ばれ、米国の宇宙機関NASAが打ち上げたデジタルグローブ社の衛星です。0.46-0.52mという高い分解能で地上を観測しています。
左の画像(ブラジルサルヴァドール付近)はクリックするともう少し大きなサンプルを見ることができます。
→WorldView-2をもっと詳しく知りたい

分野例を見る

防災分野
衛星データは、防災分野へ利用することができます。
災害時の防災マップや、災害時の状況把握、復興計画に利用される大変有用な素材です。 →さらに詳しく
環境分野
衛星データは、環境分野へ利用することができます。
地球環境は様々に変化しています。近年は地球温暖化をはじめ多くの環境問題の原因やしくみを解明するために、衛星データが使われています。 →さらに詳しく
農業分野
衛星データは、農業分野へ利用することができます。
食糧生産の現場と密接に関わっている、土地利用の把握、作目判別、農地管理などに有用な素材です。 →さらに詳しく
パネル・ポスター・出版物・パンフレット・アルバムなど
衛星データは、加工して様々な用途で利用することができます。
パネルやポスターなどへの加工、出版物、各種解析、ネットワークでの利用など、多くの分野で活用できます。 →さらに詳しく