中国の静止通信衛星の打ち上げ

最終更新 2019.01.11

日本時間2019年1月11日(金)午前2時11分に、静止軌道通信衛星の中星2D(Zhongxing-2D)を搭載した長征3Bロケットが、四川省 西昌衛星発射センターから打ち上げられました。中国の発表によれば、飛行は順調に経緯し、予定の遷移軌道に投入されたということです。

中星2Dは、静止軌道からラジオ局やテレビ局、CATVなどに通信データの提供を行うと発表されています。中星2Dは約5,200kgの重さです。米メディアからは、ミッション寿命は15年、太陽電池パドルでの発生電力は10.5kWで、C帯、Ku帯、Ka帯、L帯のトランスポンダを搭載することができる機体であると伝えられています。

SEDの関連記事


TOP