10月11日「はやぶさ2」記者説明会

最終更新 2018.10.11

2018年10月11日(木)午後3時30分~午後4時30分に、小惑星探査機「はやぶさ2」の現在の状況、「はやぶさ2」搭載の小型着陸機MASCOT(Mobile Asteroid Surface Scout)分離運用の結果、タッチダウンに向けたリハーサルなどについて、記者説明会が行われました。

source : 「はやぶさ2」の記者説明会(10月11日)(JAXA)

小型着陸機MASCOT分離運用の結果、分離後のMASCOTとの通信は正常に行われ、MASCOTがリュウグウに着地したことが確認されました。また、MASCOT搭載観測機器により観測が行われ、取得データはMASCOTチーム(ドイツ)に伝送されました。MASCOTが途中ホップして移動したことも確認されています。

10月中にタッチダウンに向けたリハーサルを実施、11月~12月の合運用(通信不可の期間)を挟んで、来年1月以降にタッチダウンを実施するとのことです。

新しいスケジュール

  • 10月14日~15日 TD1-R1-A(2回目のTDリハーサルに相当)
  • 10月24日~25日 TD1-R3(3回目のTDリハーサルに相当)
  • 11月下旬~12月 合運用
  • 2019年1月以降 1回目のタッチダウン

記者説明会予定

  • 10月23日(火) 午後4時~ 記者説明会
  • 11月8日(木) 午前11時~ 記者説明会

source : 説明会資料PDF 小惑星探査機「はやぶさ2」の運用状況(2018年10月11日版)


TOP