国際宇宙ステーションからソユーズMS-08で飛行士帰還

公開日 2018.10.04|最終更新 2018.10.05

日本時間2018年10月4日(木)夜に、国際宇宙ステーション(ISS)第55次および第56次長期滞在ミッション用ソユーズMS-08(Soyuz MS-08) 宇宙船が、3人の宇宙飛行士を乗せて地球に帰還しました。軌道離脱噴射は、午後7時51分頃から4分39秒行われました。着陸は同日午後8時44分、197日間のミッションが終了しました。

帰還したのは、アンドリュー・フューステル飛行士、オレッグ・アルテミエフ飛行士、リチャード・アーノルド飛行士の3名です。

source : NASA


TOP