7日打ち上げのNASAの2つのサウンディングロケットについて

最終更新 2018.09.06

NASAのサウンディングロケットの打ち上げが、米国バージニア州にあるワロップス飛行施設と、ホワイトサンズから、それぞれ現地時間2018年9月7日に予定されています。

ワロップス飛行施設からは、 午前9時30分~12時30分(日本時間午後10時30分~8日午前1時30分)の間に、火星探査機のパラシュート試験装置ASPIRE3 (Advanced Supersonic Parachute Inflation Research Experiment)を搭載したTerrier-Black Brant IX弾道飛行用サウンディングロケットの打ち上げが予定されています。バックアップ日程は9月8日(土)から9月15日(土)まで。Ustreamで生中継が行われる予定です。

ホワイトサンズからNASA出資のサウンディングロケットで打ち上げられるのは、太陽X線観測装置FOXSI(Focusing Optics X-ray Solar Imager)で、太陽の可視光では見えない無数のX線フレア(ナノフレア)の噴出する様子を、大気圏上の15分間の飛行で観測します。 FOXSIは、NASAとJAXA協力、米国のカリフォルニア大学バークレー校他と日本からも国立天文台、東京大学、名古屋大学、東京理科大学の協力するプログラムです。

source : ASPIRE3関連(NASA) FOXI関連(NASA)


TOP