NASA商業クルー輸送プログラムは正式に後ろ倒しに

最終更新 2018.08.03

NASAは宇宙飛行士を国際宇宙ステーション(ISS)へ送り、地球へ帰還させるために、ボーイング社とスペースX社にカプセル型宇宙機の開発を委託しています。スペースX社有人型ドラゴン(Dragon V2)と、ボーイング社の搭乗員輸送機 Crew Space Transportation(CST)-100 スターライナー(Starliner)がその機体で、試験時に生じた問題から、原因をクリアして試験を進める上で、スケジュールの変更が求められていました。

2018年1月11日にNASAが公開した飛行試験スケジュールは、8月2日の発表で、以下の通りに変更されましたのでお知らせします。なお、4日(土)午前0時からのNASAテレビで、飛行予定の搭乗員の紹介が行われます。

  • ボーイング社軌道飛行試験OFT(Orbital Flight Test) (無人) : 2018年末-2019年初め
  • ボーイング社有人飛行試験CFT(Crew Flight Test) (有人) : 2019年中旬
  • SpaceX社 デモミッション1 (DM1) (無人) : 2018年11月
  • SpaceX社 デモミッション2 (DM2) (有人) : 2019年4月

source : NASA


TOP