欧州の測位衛星ガリレオシリーズ4機更に打ち上げ

最終更新 2018.07.27

日本時間2018年7月25日(水)午後8時25分1秒に、航法測位衛星ガリレオシリーズ4機(Galileo 23-26) を搭載したアリアン5ロケットが仏領ギアナ基地から打ち上げられました。カタログに於けるガリレオ衛星の各機体の重さは738kg、4機合計で2,952kgとなります。設計寿命は12年です。

打ち上げから約3時間36分後に最初の2機が、その20分後に残りの2機が、無事予定軌道に放出されました。今回の打ち上げで、システムの構成は26機となりますが、2機が打ち上げの時の問題から予定外軌道であること、1機にアンテナの問題があることから、システム全体には、まだカバーにギャップが生じる状況です。サービスは2016年12月に開始されています。

米メディアの報じるところでは、全システムが揃うのは、2020年12月と2021年6月に予定されているアリアン6ロケット打ち上げで4機が打ち上げられ、運用が開始されてからになるということです。

source : アリアンスペース社


TOP