JAXA「つばめ」は軌道遷移フェーズへ

最終更新 2018.06.01

JAXAは、2017年12月23日に打ち上げた超低高度衛星技術試験機「つばめ」(SLATS)が、初期段階フェーズを今年の3月に完了し、大気抵抗を用い少しずつ軌道高度を降下させる「軌道遷移フェーズ」へ移行したことを発表しました。現在は、380km付近の高度で運用されており、今後も大気抵抗を用いて高度を徐々に降下します。来年4月頃に超低高度268kmに到達し、イオンエンジンを用いて軌道保持を開始する予定となっています。

ミッション機器は以下3種類で、JAXAの地球観測衛星だいちに搭載した光学センサーPRISM(分解能2.5m)と比較し、SLATSに搭載した小型高分解能光学センサーSHIROPの撮影した軌道高度398kmからの撮影画像なども公開されています。

  • 小型高分解能光学センサ(SHIROP)
    超低高度(200km~300km)からの観測によって分解能を大幅に向上できることを技術実証するためのセンサ。
  • 光学センサ(OPS)
    口径2cmの小型軽量の広域撮像用光学センサで、カラー画像を取得。
  • 原子状酸素モニタシステム(AMO)
    超低高度軌道(200km~300km)大気の主成分である原子状酸素は、反応性が高く衛星外表面に使用される金色の断熱フィルムを損傷させる。原子状酸素の量を計測し、衛星材料サンプルの劣化状況を観察する。

source : JAXA


TOP