NASAの火星探査機インサイトなどの打ち上げ成功

公開日 2018.05.07|最終更新 2018.05.08

日本時間2018年5月5日(土)午後8時5分、NASAの火星探査機インサイト(Insight:Interior Exploration using Seismic Investigations, Geodesy and Heat Transport)が、アトラスVロケットで打ち上げられました。インサイトは約6か月間の後に火星に到着、火星表面へ着陸し、探査を開始する予定です。打ち上げ後順調に飛行し、約1時間33秒後にロケットから機体が切り離されました。その後、相乗りしたMars Cube One (MarCO)も切り離され、無事起動が確認されています。

火星探査機のインサイトの主な搭載機器は下記となっています。

  • ■火星地震計SEIS(Seismic Experiment for Interior Structure) CNES他機関協力
  • ■地中熱流量計測装置HP3 (Heat Flow and Physical Properties Package) DLR
  • ■電波科学計測装置RISE (Rotation and Interior Structure Experiment) JPL

また、インサイトミッションに相乗りした2機のキューブサットMarCO-AとMarCO-Bは、各15キロ程度の重さで、今年11月26日にインサイトが火星に到着・降下する時の中継をするための特別なアンテナを持っています。

source : NASA


TOP