中国民間通信衛星APSTAR-6Cの打ち上げ

最終更新 2018.05.07

日本時間2018年5月4日(金)午後1時6分、中国の民間通信衛星APSTAR-6Cが、長征3Bロケットにより四川省 西昌衛星発射センターから打ち上げられたことが発表されました。APSTAR-6Cは、2005年に打ち上げられたApstar 6の置き換えとして、香港を基地として通信衛星を運用しているAPSTAR社が発注しました。

衛星の設計寿命は15年。C帯、Ku帯(22)、Ka帯の波長の45のトランスポンダを搭載。東経134度の静止軌道上からサービスを実施する予定です。

source : APSTAR社


TOP