アリアン5ロケットは2衛星無事打ち上げ

公開日 2018.04.06|最終更新 2018.04.09

日本時間2018年4月6日(金)午前6時34分に、通信衛星スーパーバード8 (Superbird 8)/DSN 1と、Hylas 4を搭載したアリアン5ECAロケットが、仏領ギアナ基地から打ち上げられました。本打ち上げは、当初3月打ち上げに設定されていましたが、今年1月に実施された2衛星の打ち上げで、衛星は無事だったものの軌道投入がずれた問題への原因究明などから、4月へとずれこんだものです。

スーパーバード8は、スカパーJSAT社の衛星で、DS2000プラットフォームを使い製造されました。東経162度の静止軌道上に置かれ、Ku帯とKa帯のトランスポンダを搭載し、日本のマーケットに対しサービスを行います。2000年に打ち上げられたスーパーバードB2と入れ替えられる予定です。

Hylas 4は、アバンティ社(Avanti Communications)の3番目の衛星で、西経32.5度の静止軌道上に置かれ、Ka帯を使い欧州とアフリカ領域をカバーします。

source : アリアンスペース社


TOP