ソユーズMS-06により3人の宇宙飛行士が帰還

最終更新 2018.02.28

国際宇宙ステーション(ISS)第53次および第54次長期滞在ミッション用ソユーズMS-06(Soyuz MS-06) 宇宙船が、3人の宇宙飛行士を乗せて地球に帰還しました。

日本時間2018年2月28日(水)午前4時58分に、ソユーズMS-06宇宙船のハッチは閉鎖されました。同日午前8時8分にISSとドッキングを解除し、午前10時38分に軌道離脱噴射を4分39秒間実施しました。

同日午前11時8分に大気圏を突入したソユーズMS-06宇宙船は、午前11時31分に、アレクサンダー・ミシュルキン飛行士、マーク・ヴァンデハイ飛行士、ジョセフ・アカバ飛行士を乗せて、無事地球に帰還しました。

source : NASA, ROSCOSMOS


TOP