インドリモートセンシング衛星カートサット2F打ち上げ成功

公開日 2018.01.15|最終更新 2018.01.17

日本時間2018年1月12日(金)午後0時59分、インドのリモートセンシング衛星カートサット2シリーズのカートサット2F他小型衛星等30機を搭載した、PSLVロケットがサティシュ・ダワン宇宙センターから打ち上げられました。今回のPSLVロケットの打ち上げは、昨年8月末にインド航法測位衛星IRNSS-1Hが失敗して以来となります。

カナダ、フィンランド、フランス、韓国、英国、米国の6か国から3機の小型衛星及び25機の超小型衛星、及び、インドからは主衛星カートサット2Fの他、小型衛星Microsat-TDと超小型衛星INS-1C、合計31機が打ち上げられました。

カートサット2Fは、重量710kg、高度505km、軌道傾斜角97.47度の太陽同期軌道から観測を行います。設計寿命は5年。

海外からの小型相乗り衛星

  • Telesat Phase-1 LEO (カナダ) : Kaバンド通信
  • POC-1(Iceye X1)(フィンランド) : 小型SAR衛星の実証試験
  • PICSAT(フランス) : 系外惑星の観測
  • CANYVAL-X(韓国) : 小型天体望遠鏡の実証試験
  • CNUSAIL-1 (Papillon)(韓国) : 太陽セイル技術
  • KAUSAT-5(韓国) : 赤外地球観測
  • SIGMA(KHUSAT 3)(韓国) : 宇宙放射線計測
  • STEP CUBE LAB (STEP 1)(韓国) : スラスター、ラジエータとヒートパイプ実証
  • CBNT-2(Carbonite 2)(英国) : 地球観測技術
  • Flock-3P'(4機)(米国) : 商用地球観測
  • Lemur-2(4機)(米国) : AIS(船舶自動識別装置)利用と、GPS電波を使った気象観測を行う商用衛星
  • DemoSat-2(米国) : UHFラジオ
  • Micromas-2(米国) : マイクロ波放射計の試験
  • Tyvak-61C(米国) : 恒星の明るさの変動測定
  • SpaceBEE(4機)(米国) : 超小型衛星4機による通信実験
  • Fox-1D(米国) : アマチュア無線通信衛星
  • Corvus-BC 3(Landmapper-BC 3)(米国) : 商用リモートセンシング衛星
  • Arkyd-6(米国) : 小惑星探査利用技術デモ
  • CICERO-7(米国) : GPS電波を使った商用気象観測

source : ISRO


TOP