シグナス補給船の国際宇宙ステーションからの分離予定

公開日 2017.12.01|最終更新 2017.12.04

オービタルATK社商用補給機8号機(OA-8/Cygnus)は、12月5日(火)に、国際宇宙ステーション(ISS)から構造的に分離し、その後ISSのロボットアームSSRMSで把持された状態のまま、Commercial Crew Programを支援するためにGPS受信機の試験を行う予定です。

そして12月6日(水)午後10時10分頃に国際宇宙ステーションから放出されます。OA-8は5,500ポンド(約2,500kg)以上の廃棄品を搭載して宇宙ステーションから離脱します

その後、12月7日(木)に14機のキューブサットを放出し、12月18日まで単独飛行を続けて再突入する予定になっています。

source : NASA

関連リンク

SEDの関連記事


TOP