ソユーズMS-06の打ち上げ成功

最終更新 2017.09.13

日本時間2017年9月13日(水)午前6時17分に、アレクサンダー・ミシュルキン飛行士、マーク・ヴァンデハイ飛行士、ジョセフ・アカバ飛行士3人の宇宙飛行士を乗せた国際宇宙ステーション(ISS)第53次および第54次長期滞在ミッションソユーズMS-06の打ち上げが実施されました。打ち上げ後の飛行は順調に進み、予定より少し早い午前11時55分に国際宇宙ステーションとドッキングしました。

ハッチ開放は午後2時8分、第53次長期滞在ミッションで先に宇宙ステーションに滞在する指揮官のランディ・ブレスニク飛行士と、フライトエンジニアのセルゲイ・リザンスキー飛行士、パオロ・ネスポリ飛行士が、到着した3人を迎えました。

source : NASA


TOP