21日の米国横断皆既日食に向けてNASAサイトオープン

最終更新 2017.08.09

NASAは8月21日に北米を横断するように大規模に生じる皆既日食について、数ヶ月前から紹介を繰り返してきました。当日は、米国で3億人もの人々が直に見ることができるとされ、保護眼鏡などでの安全な観測を呼び掛けています。NASAにはすでに日食関連のサイトがありますが、今回の北米横断となる天文イベントのため、新たに特設サイトを設けています。

特設サイトでは米国内で行われるキャンペーンや科学館などでのイベントの紹介も実施されています。過去に国際宇宙ステーションから撮影された皆既日食時の地上の写真(地上の光が当たらない部分に黒い影が出来たようになります。)が紹介されるとともに、今回観測可能なステーションの軌道パスについて、サイト内で紹介されています。

source : NASA


TOP