中国の宇宙ステーションへの補給機天舟一号打ち上げ

公開日 2017.04.21

中国および欧米メディアによれば、日本時間2017年4月20日(木)午後8時41分、中国の宇宙ステーション天宮二号への補給を行う無人補給機の天舟一号(TZ-1)が、長征7ロケットにより、海南省にある文昌衛星発射センターから打ち上げられました。

打ち上げ596秒後に、天舟一号は予定軌道に入りました。天舟一号は天宮二号にドッキングして2か月運用され、その後切り離されて3か月ミッションを行う予定とのことです。

なお、今回は長征7号ロケットの第2回目の打ち上げであり、長征シリーズの247回目の打ち上げにあたります。

SEDの関連記事


TOP