H3ロケット用LE-9試験エンジン完成

最終更新 2017.04.04

日本が開発中の次世代ロケット、H3のメインエンジンとなるLE-9の試験エンジンが完成しました。エンジンは平成29年3月31日に宇宙航空研究開発機構種子島宇宙センターにおいて、液体ロケット試験場のスタンドに設置され、燃焼試験の準備作業が行われています。

LE-9エンジンは、これまでのエンジン開発で得られた知見、数値シミュレーション、各種要素試験などで高い信頼性を保つための設計手法を導入することにより、開発に伴うリスクを低減しつつ開発を進められています。

source : JAXA


TOP