宇宙技術開発株式会社

  1. ホーム
  2. 宇宙開発事業
  3. ロケット
ロケット、衛星、情報通信、宇宙ステーション、射場まで。システム開発も含めた運用のエキスパート。

ロケット

SEDでは、ロケットの設計開発、打ち上げ支援、射場設備の運用やメンテナンスなど多岐に渡る、日本の宇宙輸送の要となる支援業務を実施しています。

ロケット等飛翔体の設計開発支援

日本のH-II, H-IIA, H-IIB, M-V, イプシロンなどのロケットの飛行経路解析を実施しています。また、各種ロケットや静粛超音速機などの飛翔体の誘導制御を模擬するためのソフトウェアの開発も実施しています。

さらにロケット等の構造設計,熱設計,誘導制御系設計等、設計・製造・試験に係わる支援も実施しています。

イプシロンロケット

ロケット打ち上げ支援

打ち上げられたロケットを追尾するための追尾局(テレメータ局・レーダ局)、指令破壊コマンドを送信するためのコマンド局等、射場設備の運用を実施しています。

ロケット打上げ時には、種子島にあるJAXAの総合司令棟(RCC)において、射場管制支援、飛行安全管制システムの運用を行っています。

また、ロケットの飛行経路をモニタするシステム等の開発も行っています。

打ち上げロケット経路モニタ(GoogleEarth背景)

打ち上げロケット経路モニタ

»プロジェクトコラム:H-IIBロケット(JAXAサイト)

飛行安全管制システムの開発・運用

万一ロケットに何等かのアクシデントが発生した場合に地上の安全を確保するための飛行安全管制システムの開発、運用、事前解析を実施しています。

射場設備のメンテナンス

種子島宇宙センターならびに内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられるロケットの追尾、指令破壊コマンドを送信するコマンド局等、射場設備のメンテナンスを年間を通して実施しています。

当社が打ち上げ支援を実施したロケット ※クリックで表示します
  • N-Iロケット
  • N-IIロケット
  • TR-Iロケット
  • TR-IAロケット
  • J-Iロケット
  • M-Vロケット
  • H-IIロケット
  • H-IIAロケット
  • H-IIBロケット
  • イプシロンロケット試験機
  • JAXAの各種観測ロケット