宇宙技術開発株式会社

  1. ホーム
  2. 会社案内
  3. 代表者メッセージ
ロケット、衛星、情報通信、宇宙ステーション、射場まで。システム開発も含めた運用のエキスパート。

代表者メッセージ

代表取締役社長 松尾 泰
代表取締役社長  松尾 泰

日本の宇宙開発はペンシルロケットから始まり、幾多の試練を乗り越え、多くの分野で飛躍的な発展を遂げてきました。2010年は地球をはるか離れた「いとかわ」から「はやぶさ」が帰還し、また、準天頂衛星「みちびき」による日本独自の測位技術の実証実験開始など、日本の宇宙技術の高さが証明された年です。また、国際協同活動として、日本・アメリカ・ロシア・欧州・カナダ他と開発を進めている宇宙ステーションでは、日本実験棟が完成し、宇宙飛行士の長期滞在が始まり、本格的に有人宇宙活動が開始されました。宇宙ステーションへ物資や実験機器等を運ぶ「こうのとり」とその輸送機であるH-IIBは、人類全体の宇宙活動の発展に貢献すると確信します。

21世紀、宇宙技術開発株式会社(略称SED)は宇宙開発と共に歩み、そして拡大する宇宙インフラストラクチャの発展に、ひいては人類全体の宇宙活動の発展に貢献する所存です。

また、SEDは、システム開発と宇宙開発そしてIT教育の三つの領域を基盤とする「産学研協同」の複合グループであるeDCグループに属しています。eDCグループの理念である「宇宙規模の豊かな高度情報化社会を形成するためには、高度な専門知識を持つエンジニアの育成が不可欠である」を基本に、創業以来、研究開発・事業開発に取り組み、社会に貢献し、活力ある企業を目指しています。